FOSTEX  P800バスレフ製作

2016年10月6日(木)  エンクロージャ完成
ここのところ天候がぐずついて風景写真撮影は行けず、目をつけていたコスモスは台風でなぎ倒されてNG!。おかげ?で5年間放置していた、P800(2011年stereo付録のキット版)を組み立てることができました。箱のほうは、端材がたまっていたので、それらを使用、カットは手引きノコギリなので直線と直角を出すのが、これまた大変で、ヤスリで修正しながらの製作でした。

以前近所にあったジャンボエンチョーでは、工作室の職人さんと仲良くなり、お持ち帰りしたものでもカット加工してくれたもんでした。今は撤退してお店はありません。

塗装は気が向いたらやろうかな。たぶん一生このままかも。

箱の仕様は左右一体型で[容積=左右合計で4L][ポート共振周波数=90Hz(面積=17%)]
音は期待以上で、片CHあたり2Lで、低音もそこそこ出てこんなにバランスがいいとは意外。

【追記】暫く試聴を続けました。P800は、8KHzあたりがやや引っ込む感じ(聴感で)でFE系の張り出し、悪い表現を使えば『うるさい』帯域を除去したような感じで、安心して聴けるようです。高音域が不足している訳でなく、細かい音もしっかり出ています。低音はやや緩めで、しかし量感はあり、くつろぎ系です。
d0083502_15415152.jpg

2011年stereo誌の付録。5年後にやっと日の目を見ることに。
d0083502_23195686.jpg

内部の様子
d0083502_23181544.jpg
d0083502_23182763.jpg

図面です。端材使用のため板取り図は無し。(図面に記載なしの、前後連結の補強板は、ありあわせを現物合わせで取り付け。)
d0083502_23213782.jpg

[PR]
by petit-paysage | 2016-10-06 23:25 | オーディオ | Comments(0)


<< トリテツ&ソバの花 緊急夕焼け >>