stereo誌2016年8月号のスピーカーM800

【2016年7月19日(火)にエンクロージャー完成】
ユニットを手にする前に、箱を製作していました。見切り製作ではありますが2014年のPW80と全く同じ仕様です。[容積=3L/ポート=80Hz(50%)]
とりあえず試聴していますが、第一印象は、はったりのない端正な音です。容積3Lで周波数特性的にはバランスのいい音です。高域は想像していたより、穏やかです。
【追記_2016.7.24】その後いろいろ聴きまくりました。高音域では、FF85Kバックロード(ロード1.7m)でも聴こえなかった音が聴こえました。高音、低音ともしっかり芯のある力のある音で、容積3Lでここまで出れば、住宅事情もありM800をメイン機にしてもいいかな。超Hi-CPです。ロードの短い中途半端なFE系バックロードより低音が出ます。対してPW80の低音は量感はあるけれど『ゆるい』音でありふれたフツーの音に聴こえてきました。
【セッティング写真きれいに撮れたので入れ替えました。(16.8.21)】↓
d0083502_16311815.jpg

d0083502_2241542.jpg
d0083502_2242987.jpg

仕様は[容積=3L/ ポート共振周波数=80Hz(50%)]
d0083502_2242302.jpg

板取り
d0083502_22424518.jpg

参考に愛用のFF85Kバックロード
d0083502_116066.jpg

[PR]
by petit-paysage | 2016-07-19 22:48 | オーディオ | Comments(0)


<< アンデルセン公園のひまわり(2... 原市沼の古代ハス(2016年) >>