音友社STEREO誌付録のスピーカー

2012年9月9日(日)完成  今回は風景写真ではなく、自作スピーカーの製作記事です。
今は雑誌は売れない時代なのか、付録で釣る雑誌が登場する中、オーディオ誌も例外ではなく、STEREO2012年8月号は、『スキャンスピーク』というわりと名門なメーカーのスピーカーが付いてきました。箱は自作することになるので、オーディオに深入りしてない人には敷居が高いかも。
雑誌の付録(価格は2,980円)とは思えないほどいい音で鳴っています。ついでにiPodと並びのミニアンプも同誌2012年1月号の付録でした。
d0083502_23462488.jpg
d0083502_23585154.jpg

製作途中は・・・。
材料のMDFボードは、いつものジャンボエンチョー白井店が無くなってしまったのでジョイフル本田千葉NT店で買いました。カット代と合わせて2,180円。ボンドがこぼれる箇所にはあらかじめマスキングテープを貼っておくと接着作業がらくです。
d0083502_235118.jpg
d0083502_23565294.jpg


完成!
d0083502_23574853.jpg

図面!
d0083502_04566.jpg

[PR]
by petit-paysage | 2012-09-09 23:59 | オーディオ | Comments(2)
Commented by toko at 2012-09-30 21:19 x
こんばんは~♪
娘の買う本にもほんとかなと思えるようなトートバックが付録に付いています。
オーディオ誌もそうなんですね(驚)
音には拘るので欲しかったなと思いますが多分作れなかったでしょう。

ジャンボエンチョー白井店撤退しましたが
後に同じようなホームセンター「ロイヤル」が入ってます。
ご存じかもしれませんが。
Commented by petit-paysage at 2012-10-01 00:08
こんばんは。tokoさんからコメントは意外でした。写真を撮る人ってやはり『音』もこだわるようです。私の写真仲間はみんなそうです。このstereo誌は、年2回ほど付録がつきその時はすぐ売れ切れになるようです。
ロイヤルは、エンチョーのような工作室(お客に解放)が無い上に、木材加工は、直線切りしか対応していないとのことで選択肢からはずれました。


<< 印西牧ノ原のコスモス 大網白里 金谷郷のひまわり(2... >>